筋トレで効果的に太ももダイエット

ふくらはぎ痩せはなかなか効果を実感することが難しいため、継続できないという方も少なくないと思います。

どうすれば、ふくらはぎ痩せを実感できるのでしょうか。

ふくらはぎをキュッと引き締めるには、筋トレが効果的なんだそうです。

筋肉がふくらはぎについてしまったから太く見えるのに、これ以上筋トレなんかしたら…と思われるかもしれませんが、筋トレとふくらはぎ痩せの関係性は、医学的にも認定されているんです。

筋トレというと、筋肉を鍛えて、身体を大きくする…というイメージがありますが、実は鍛える筋肉を知っておけば、引き締まった美脚も可能になります。

こちらでは、筋トレとふくらはぎ痩せの関係性や、筋トレ方法などをご紹介していきます。

引き締まった美脚を目指したいという方は、参考にしてください。

●ふくらはぎ痩せと筋トレの関係性

・どうして筋トレが必要なのか

ふくらはぎ痩せと筋トレの関係を考えていくとき、重要なのがむくみなんです。

ふくらはぎには、さまざまな筋肉がありますが、運動不足などが原因で、筋肉自体が弱くなってしまいます。

これが、ふくらはぎのむくみを引き起こしているんです。

わたしたちの身体は、心臓から新鮮な血液を体中におくり、また戻ってくる…ということを繰り返してします。

しかし、わたしたちは立って生活していますから、下半身にいった血液は重力の関係で、心臓へ戻りにくくなります。

このとき、下半身のポンプの役割をしているのが、ふくらはぎなんです。

ふくらはぎの筋肉が衰えてしまうと、同時にポンプとしての機能も低下してしまいますから、どんどん余分な水分や老廃物が下半身へと溜まってしまうことで、むくみがあらわれます。

むくんでしまったふくらはぎが太く見えるのは、もうお分かりいただけますね。

つまり、ふくらはぎ痩せをしたいと考えた時、ふくらはぎの筋肉を鍛えることが重要になってきます。

また、筋トレにより筋肉を正しい位置につけることが可能ですので、美脚になれるということなんですね。

・ふくらはぎ痩せの筋トレ方法

筋トレでふくらはぎ痩せをしようとしたとき、まずはバランスよく筋肉を鍛えるようにしてください。

太ももを例にとると、日常生活の中で使うことが多い、前側の筋肉を鍛えすぎると、太くなってしまいます。

筋トレの際には、普段使わない筋肉を意識的に鍛えてください。

また、インナーマッスルを意識し、ダンベルなどを使ったスクワットなどがおすすめです。

あまり負荷をかけすぎると、長続きしない原因にもなってしまいますから、毎日継続できるぐらいの負荷で筋トレをしてくださいね。